スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平均台

幼少の頃、およそ小学生の頃にやったことがあるかと思います。

学校にある、「平均台」の両端に2チームに分かれ、

ヨーイドンでとっとっとっと平均台を歩いていき、

先頭の者がぶつかったところで、ジャンケンポン。

敗者は平均台から降りて、台の最後尾へ。

勝者はそのまま居残り、次の相手とまたジャンケンポン。

これを繰り返していき、最終的に平均台の反対側の端に

到達したチームが勝ちになります。

通称「一本橋ジャンケン」とでも言うのでしょうか?知りませんが、

みなさん一度はやったことのある遊びかと思います。



GV、とくに、FEで戦っていると思うのですが、

この、「一本橋ジャンケン」とGVの本質がよく似ている気がするのです。

1)敵を倒す(ジャンケンに勝つ)

2)前進する(平均台を進む)

3)最終的にエンペに到達し、それを割る(相手陣まで渡り切る)

と、こういう共通点があるということは、

なんとなくわかってもらえるかな?と思います。

しかしこれは、GVで言う攻め側の勝利条件ですので、

防衛側とすれば、

1)敵を倒す

2)前進させない

3)時間切れまでエンペを割らせない

これが防衛側の勝利条件になってくるかと思います。

極端に言えば、

戦闘で負けたとしても前進させなければ勝ち

というイニシアチブが防衛側にはあると言えます。

逆に

攻め側は常に

「進まなければ負ける」

ということを徹底的に意識せねばなりません。




我々を含めたFE勢は、

「ジャンケンに勝つ術」に固執してきたところもあるのですが、

今回の勝負はそれだけで勝てるほど甘くはないとおもいます。




と、いうところでWGVまではもうあまり時間はないのですが、

「ダメ元で突っ込む」とか、

「死ぬ気で行ってみる」とかに

実は活路があるのではないのかな?

と感じているのですがどうでしょうか。
スポンサーサイト

テーマ : ラグナロクオンライン
ジャンル : オンラインゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

カッサー

Author:カッサー
WET珍さん部隊のシタッパです

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。